蘭亭序のそんなばかな(Ⅰ)  -怏然(おうぜん)か快然(かいぜん)か-

蘭亭序は、詩文としても書としても傑出しているとされ、古来多くの書家の手本となって来た。現在でも、書家を称する以上は必ずマスターすべき高くそびえる金字塔となっている。 にもかかわらず、その文言に確定していない部分があるとい […]

日展書家に書を習ってみませんか

私は、昨年からこの先生に書を習い始め、昨年3つの公募展で入選もしくは入賞することができました。古典に明るく指導には定評があります。現在、私は関西方面の彼の教室に月に一度通っていますが、一定の人数が集まれば名古屋での教室開 […]