今夏の成果 ー 張瑞図・倪元璐

夏らしいことはほとんどできず、コロナと猛暑の記憶を残しこの夏も去ろうとしている。 とはいえ、今夏の成果はある。宿題だった明朝の書家、張瑞図と倪元璐の作品が仕上がったことだ。二八サイズへの初めての挑戦であった。残念ながら展 […]

コロナ自粛中の出来事2 ー 吉野桜ツアー

4月3日から一泊2日で吉野桜ツアーに出かけた。 このツアーは当庵会員のS氏(イタリア人)からのたっての希望により、半年前から計画していたものである。予定が近づくに連れ、コロナウィルスが蔓延してきていた。色々迷ったが、地元 […]

コロナ自粛中の出来事1 ー 公募展

私が教えを乞うN氏は、さまざまな公募展にコネクションを持っている。氏の勧めもあり、今年は都合3つの公募展に応募することとした。 公募展に参加する理由は2つある。 1 公募展の締切を目標に集中して書を学ぶことができる。2  […]

すごいものを見てしまった ー 篠田桃紅展

石川九楊氏に続いて、また、すごいものを見てしまった。 先日名古屋高島屋の特設会場で篠田桃紅展が開催された。私は、年が明けた1月4日そこへ出向いた。氏の作品はほとんど現代アートといっていいものであった。実際、入場者は若いデ […]