今年(2022年)の謙慎書道展(第84回)は、「張遷碑」で臨んだ。

その書風は、古来、古朴と尊ばれ、様々な書家の臨書作品が残されている。その特徴は、字形は方形・扁平が入り乱れ、字の大小もさまざま。波磔を伴う横画の形状も統一されてはいない。その多様さや力強く、雄大な風貌から、日中含め著名な書家でこの碑を臨書作品を残していない人はいないほどである。
しかしながら、近年は、張遷碑のことを当時の彫師を悩ました稚拙な書という人もおり、また、近年の木簡・竹簡の大量の発掘も相まって、人気は後者に移り、張遷碑を作品展へ出す人は少なくなっているようである。

それはさておき、自分としては、早い段階で張遷碑を本格的に臨書したいと考えていたため、今回の挑戦となった。

結果、秀逸入選を果たした。2年連続である。とても嬉しい。

東京では、東京都美術館において、3月17日から3月23日まで。
名古屋では、県立美術館において3月29日から4月3日まで、それぞれ展示していただいた。
知人も多数鑑賞しに来てくださった。誠にありがたいことであった。作品は写真のとおりである。なかなか善戦できたと喜んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA