名古屋松坂屋でスタジオジブリ鈴木敏夫氏の「言葉の魔法展」を鑑賞した。スタジオジブリが作成したアニメのポスターには彼の書が記されていたのだと認識を新たにした。鈴木氏の文字はスタジオジブリが求めてきた価値と一体となった書風。ジブリのアニメに調和する書風というべきか。ここでも一芸に秀でた人の書の説得力を感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA