Experience of Japanese calligraphy SALON HOUKOAN

書道サロン仿古庵

070-8310-0420

書を楽しむための隠れ家サロン

日常に書を。
仿古庵(ほうこあん)は気軽に書道を楽しめるサロンです。
明るく、落ち着いた空間を提供いたします。

書に没頭できる空間

手ぶらでご来館OK。いつでも書道をゆっくりと楽しめます

書の技量向上

書に関する書籍充実中。
初心者の方には日本習字教育財団の教育プログラムに沿ってご指導いたします。 段級位の取得もできます。

情報交換の場

利用者相互間の親睦ならびに情報交換の場

最新情報

仿古庵の近況

第84回謙慎書道会展 秀逸入選

今年(2022年)の謙慎書道展(第84回)は、「張遷碑」で臨んだ。 その書風は、古来、古朴と尊ばれ、様々な書家の臨書作品が残されている。その特徴は、字形は方形・扁平が入り乱れ、字の大小もさまざま。波磔を伴う横画の形状も統 […]

蘭亭序のそんなばかな(Ⅱ完結)

私なりに納得できた見解というのは次のようなものである。 『王羲之は、その真筆としては「怏然(おうぜん)自足」と書いた。しかし、王羲之が言いたかったことは「快然(かいぜん)自足」であると当時から考えられていた。 後年、その […]

蘭亭序のそんなばかな(Ⅰ)  -怏然(おうぜん)か快然(かいぜん)か-

蘭亭序は、詩文としても書としても傑出しているとされ、古来多くの書家の手本となって来た。現在でも、書家を称する以上は必ずマスターすべき高くそびえる金字塔となっている。 にもかかわらず、その文言に確定していない部分があるとい […]

サロンの様子

この度、名古屋栄の中心部に引っ越しました。中心部とは思えない落ち着いた静かな雰囲気で書に打ち込めます。
明るい部屋です。時節柄、ソーシャルディスタンスも確保できそう
2年間の活動を経て、活動に必要なさまざまな書籍を購入しました。 書の宇宙(石川九楊編)、古典の新技法、書作品のまとめ方、中国法書選等のシリーズ本を始め、各ジャンルの筆遣いの解説本、入門書を参考にしながら作品作りを行ってい […]

庵主プロフィール

今村仿古

今村仿古

1955年1月生 
謙慎書道会評議員

金沢臨書展入選(2019)、金賞受賞(2020)
謙慎書道会展入選(2020)、秀逸入選(2021)
読売書道入選(2021)
淡海書道文化専門学校 師範科 2018年3月卒業
日本習字教育財団 漢字部門・かな部門教授免許取得

<今年の目標>
明清時代の書の筆遣いを学び、創作作品を仕上げる。
在原業平、西行の句により作品を仕上げる。
第3回仿古庵展を開催する。

書道サロン仿古庵のご利用はこちらから