4月3日から一泊2日で吉野桜ツアーに出かけた。

このツアーは当庵会員のS氏(イタリア人)からのたっての希望により、半年前から計画していたものである。予定が近づくに連れ、コロナウィルスが蔓延してきていた。色々迷ったが、地元からは是非来てほしいとの声もあり、全員の健康状態を確認して出発した。一日目は室生寺と長谷寺。2日目に吉野山と法隆寺を予定していたが、結局吉野山から離れがたく法隆寺はあきらめた。どのお寺も山も桜は満開、人影も少なく、静かな環境で日本の情緒を満喫できた。外国人参加者にも大いに喜んでもらえた。

今(6月末)にして思えば、この旅行は、コロナ流行の1波と2波の僅かな間隙で、しかも暖冬から平年より桜の開花が早まったことによって満開時期と重なるなど、ピンポイントの奇跡のようなツアーとなった。

その時の写真を使ってかな作品を作成してみた。その時の写真とともに掲載する。

(平成2年6月26日 記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA