第1回 隷書

初回は隷書を学んでいきたい。

隷書から始める深い理由はないが、隷書は基本をマスターすれば比較的書きやすいとされているため、まずは隷書からスタートすることとする。

一般的にその特徴は、次の通りと言われる。

  1. 字形は扁平
  2. 点画は水平垂直、等間隔が基本
  3. 強調画に波磔がある。(八分隷)
  4. 筆で記する場合は、逆筆蔵峰が基本

これを念頭に置いて、まずは、歴史を繙いていこう。

 

<歴史>

隷書は、篆書の速書(はやがき)書体として、春秋戦国時代に書かれた木簡・竹簡にその萌芽が見られるという。(秦隷)

明確に波磔(終筆にむけて筆を沈め最後に穂先から抜く筆法)が現れるのは馬王堆帛書(BC200頃)であるとされる。

一方、石に刻み込む刻字としての隷書は時代は下がり、後漢後期AD150年以降となる。

このギャップは、前漢では文字の統一は行われなかったため、国家が採用する正式な書体としては篆書が引続き書かれていたためという。それだけ、文化面における秦の影響は絶大なものがあったと思われる。

<臨書>

続いて、石碑に記された代表的な隷書を見ていこう。

まずは、4つの石碑に書かれたに同じ文字を比較してみよう。

(図1 隷書比較)

各々を比較すると次のような違いが浮かび上がるのではないか。

碑名 特徴
乙瑛碑

AD153

線が太い。横画、縦画とも同じ太さ、横画の間隔が狭い。背勢傾向。波磔は太さも長さも控えめ。背勢傾向

清代の書論には「雄古」とある。

礼器碑

AD156

線は繊細(強い線)。波磔の部分が相対的に太く、角張っている。横画・縦画も同じ太さ、横画の間隔は広い。

清代の書論には「変化」とある。

史晨碑

AD169

相対的に横画は太く、間隔は小さい。縦画は細い。かなり横に潰れている。強調画に細太の変化が大きい。波磔は長い。

清代の書論には「厳謹」とある。

曹全碑

AD185

相対的に横画は細く、縦画は太い。最も横長傾向。強調画に細太の変化が大きい。

波磔は「流麗」。向勢傾向

それぞれの碑を臨書した結果は以下のとおり。

(図2 臨書結果)

乙瑛碑
礼器碑
史晨碑
曹全碑

 

それぞれの特徴は出ているだろうか。

  • ・礼器碑は、細太の変化をもっとつけるべきだったか。
  • ・曹全碑は一部の波磔に角が出てしまっている。

以上の学習の結果を踏まえ、作品を仕立ててみた。

流麗な波磔を描く隷書は、漢時代末期に完成を見た後、漢の滅亡とともに忽然と書かれなくなる。

不思議な書体である。

<次回>

古隷および簡隷は後回しにして、第2回は、空海を学習していくこととする。

手島右卿氏によれば、空海の筆遣いには王羲之から顔真卿に至る要素がすべて加味されていると言う。やらない訳にはいかない。

(参考文献)

  • 書の宇宙 3 書くことの獲得・簡牘 石川九楊著 二玄社 1997
  • 書の宇宙 5 君臨する政治文字・漢隷 石川九楊著 二玄社 1997
  • 書学体系 碑法帖篇 第四巻 木簡 篆隷書 田中東竹著 株式会社同朋舎出版 1989
  • 天来書院テキストシリーズ 3史晨碑 6礼器碑 9乙瑛碑
  • これだけは学びたい書の基本 3篆書・隷書
  • 書道技法事典 阿保直彦篇 木耳舎 1988

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今夏の成果 ー 張瑞図・倪元璐

夏らしいことはほとんどできず、コロナと猛暑の記憶を残しこの夏も去ろうとしている。 とはいえ、今夏の成果はある。宿題だった明朝の書家、張瑞図と倪元璐の作品が仕上がったことだ。二八サイズへの初めての挑戦であった。残念ながら展 […]

明清の書 1

昨年の目標の一つは、明清の書を学ぶというものであった。早速、私の座右の書である「書の宇宙」を確認してみる。石川九楊氏は明清の書を次のように全4巻に書き分けている。・明代(祝允明、文徴明、徐渭、董其昌他)・明末清初(張瑞図 […]

臨書研究会 第3回 宋の三書家

宋代(960-1127A.D.)の書は「意」であるといわれる。 蘇軾自身次のように語っている。 「わが書は意を持って作りたれば本より法なし」「能くその意に通ずれば、学ばずとも可なり」(一部略)(気持ちが入れば、学ばなくっ […]

臨書研究会 第2回 空海

第2回 臨書研究会 空海:風信帖 空海は、唐の末期の文化人たちとの交流を通じて当時の最高の書を学んできたと考えられている。そして、それらを咀嚼して自分の書として記されたものが空海の書といわれてる。したがって、空海の書には […]

第1回 隷書

第1回 隷書 初回は隷書を学んでいきたい。 隷書から始める深い理由はないが、隷書は基本をマスターすれば比較的書きやすいとされているため、まずは隷書からスタートすることとする。 一般的にその特徴は、次の通りと言われる。 字 […]

作品等

■ 卒業制作作品の展示  卒業式(終業式)までに、今まで培ってきた知識と技術のすべてを注ぎ込んで卒業作品を作るのがこの学校の伝統である。 大きさは全紙サイズの大きな作品から半紙や扇面等の小作品まで、様々な書体・書風で書い […]

書の魅力

はじめに 私は、人生終盤において、書道専門学校に入学し、朝から晩まで書に没頭する日々を送った。 そこで、それぞれ書に一家言を持つ講師陣の指導の下、書を生業とすることを志す若者たちと切磋琢磨しながら書を学ぶという心躍る稀有 […]

臨書講義録

書道学校入学式の冒頭、先生はこう言われた。 「美しいものには形がある。これから、皆さんとその形について勉強していきましょう。」 こうして、一年間、文字に関する美しさの探求が始まった。 誰でも、はじめは手本を見て学ぶ。私が […]